2019年9月26日

朝日新聞社×ベネフィット・ワン
「認知症フレンドリー講座」公開講座

セミナー内容

我が国では世界でも例のないスピードで高齢化が進み、2025年には高齢者の5人に1人、約730万人が認知症になると推計されています。
 このような中、企業や自治体を含む社会全体が認知症の予防・早期発見、対応や介護支援に取り組むことが重要となっています。 
 ベネフィット・ワンでは、朝日新聞社とともにVR体験等を通じて認知症の理解を深める「認知症フレンドリー講座」をご提供することとしました。
 今般、本講座を無料で体験いただける「認知症フレンドリー講座」公開講座を開催させていただきます。
 超高齢社会を迎える中、介護離職の防止、社員の高齢化対策等に取り組まれている皆様のご参考になるものと確信しております。ご多用のところ恐縮ですが、ご来場をお待ちいたしております。
詳細はこちら

こんな方におすすめ

  • 介護離職の防止に取り組まれている企業の方
  • シニア層の社員が増えている、シニア層の社員を活用したいと思っている企業の方
  • シニアを顧客の中心とする業態で接遇の質を上げたい企業の方
  • 認知症の啓発や早期発見などを進めたい自治体の方
  • 認知症の方も安心して暮らせるまちづくりを進める自治体の方

開催概要

  
開催主体 主催・朝日新聞社 共催・ベネフィット・ワン
開催日時 2019年9月26日(木) 14:30 〜 17:00【受付開始:14:00】
会場/アクセス 《会場》
TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター・別館ホール2A
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-2-16

《アクセス》
JR東京駅 日本橋口 徒歩4分
都営浅草線、東京メトロ各線 日本橋駅から徒歩1分
MAPはこちら
プログラム 14:30 開会の挨拶
     朝日新聞東京本社総合プロデュース室長
     宮崎 伸夫

14:35 講演「認知症施策の変遷と今後の展開」
     日本医療政策機構シニアアソシエイト
     栗田 駿一郎氏

15:15 休憩 

15:25 講演「認知症フレンドリー講座」の実演
     朝日新聞東京本社総合プロデュース室プロデューサー
     坂田 一裕

16:55 閉会の挨拶
     ベネフィット・ワン執行役員
     河原 章

17:00 閉会     
定員 70名 ※先着での受付となります。VR体験に定員がありますので、1社につき2名様まででお願いいたします。予めご了承ください。
参加費 無料

お申し込みはこちら